旅行業務取扱管理者は独学でも合格できる?

旅行業界で働いている方・これから就職について考える方、旅行に関係する唯一の国家資格である旅行業務取扱管理者の試験に合格すれば、その先には大きな扉が開かれます。旅行業務取扱管理者という資格には受験資格が設けられていません。誰でも受験できます。

各試験科目に対してそれぞれ60%以上の合格率を得ることで合格できます。資格試験のための勉強法として独学でチャレンジしても大丈夫です。

勉強が大好きで、旅行も大好きなので毎日の学習が苦にならないという方にとって、わざわざ決められた時間にスクールへ通うよりも、自分で上手に時間を捻出してどんどん勉強を進めていく方が効果的のように感じると思います。

自分で学習計画を立てることのできる方は、旅行業務取扱管理者を独学によって取得することが可能ですが、注意点として合格できる確率は学習時間や意欲に比例するわけではありません。出題範囲が広いため、的確な学習を行うことが合格へと近づくことができる道です。

旅行業務取扱管理者を独学で取得することを目指す場合には、書店で参考書と過去問題集を購入して試験対策をしていく必要があります。独学でチャレンジすることのメリットとして費用を挙げる方もいますが、旅行業務取扱管理者の試験は年に1回です。そのため不合格になってしまうと翌年も受験料を支払わなければならず、1年間という時間も犠牲にする必要があります。

独学で決めてかからずに、通信講座や通学制のスクールの利用も合わせて比較検討しながら自分に合った方法で進めてください。