旅行業務取扱管理者には学校での学習が最適?

旅行業界で活躍することを目指すなら、まず国家資格である旅行業務取扱管理者をベースにしてキャリアアップを図ることができます。

国内と総合に分かれていますが、旅行業務取扱管理者は学校に行くことで段階的に取得していくことが可能です。国家資格に合格する必要があるので、専門学校に行くことで自動的に得られるわけではありませんが、学校で学ぶことによって系統的に合格へと近づくことができます。

専門学校の中には、単に旅行業務取扱管理者としての資格取得を目指すだけではなく、旅行業界で活躍できるよう旅行の総合的知識を身に着けることを目標にしたカリキュラムを組んでいるところがあります。旅行業務取扱管理者に加えて、添乗員としての知識と技術を身に着けることのできる「旅程管理者」や、観光英語検定などの英語に関係する資格、世界遺産検定など幅広い分野での学習を総合的に得ることができるところもあります。

まずは自分の目指しているものを確実に得ることができる仕方で学ぶことができます。旅行業務取扱管理者に特化した学校も用意されています。自分で勉強のための時間を取り分けることが苦手という方や、わからないことをその場で解決したいという方には最適です。また1人では挫折してしまいがちですが、共に学ぶ仲間を得ることによって励みとすることができます。旅行業務取扱管理者に合格するための唯一の道というのは存在しませんので、各自が自分に適している方法を選んで、あとはひたすら進んで行く必要があります。出題範囲が広いので、試験に的を絞った効果的な学習をしてください。